アコムと比較

ここでは、大手同業であるアコムとアイフルとの比較を行ってみたいと思います。アコムは、三菱東京UFJ銀行系列の消費者金融業者であり、現在(2013年時点)商社金融業界で周囲の業績を誇っています。悪い言い方ですが、アイフルからしてみれば首位の座を奪われた目の上のたんこぶのような存在です。
アイフルが、その商品のラインナップに事業性融資や、目的別融資、さらに小口専用融資などを取り揃えているのに対して、アコムの商品は基本的にはアイフルで言うキャッシングローン、すなわち個人向けの使途自由融資と、マスターカードのブランドがついたACマスターカードと言うクレジットカード商品のみです。
さて、このアコムのキャッシングサービスは、利用限度額の上限が500万円で、金利が4.7%から18.0%の範囲です。アイフルよりも利用限度額の上限が200万円多く、その分下限の金利も出て0.8%低くなっています。ただし上限の金利はアイフルと同じですね。
ただしアイフルには、限度額上限500万円で、金利が5.5%から9.5%の範囲にあるファーストプレミアムカードローンと呼ばれる商品があることを忘れてはなりません。
みれば、言ってみればアコムの子キャッシングサービスは、アイフルの通常のキャッシングローンと、ファーストプレミアムカードローンとを合わせたようなサービスになっています。あるいは、アコムにおいて提携銀行である三菱東京UFJ銀行が担っている銀行カードローンサービスを、アイフルのファーストプレミアムカードローンが担っているとも言えます